桜 2015 その2

あちこちの桜が一気に咲いてきました。


今日は天神山公園に行きましたよ。








まだ蕾もあって6~7部咲きってとこでしょうか。

でもこの2~3日で満開になりそうです。






さぁ~みんなで記念撮影しましょう~!







あれれ~?カイト君がいないよー!







さぁ~みんな~オスワリ~!





アハハ~難しいね~!








さぁ~もう1回!





(/≧◇≦\)アチャー!! オスワリできたけど、みんなあっちこっち見てるーー





もう1回ガンバロー!




今日のところはこれが限界かな~

皆さんお疲れ様でした。ありがとうね~!





オスワリ・マテの練習をして全員集合の写真を撮りたいな~!





スポンサーサイト

桜 2015

今年も桜が咲き始めました。

近くの神社の桜が一気に開きだしました。






神社の枝垂れ桜です。

いつもより1週間早いとか…一気に暖かくなったもんね~









毎年この時期になると人が多くなる神社。

ビビリのシン様 、緊張のお顔です。(;´д`)トホホ






とりアタマさんに撮ってもらった写真です。↓↓




ほ、本当にうちの子? めっちゃ男前やん!(≧∇≦)

なかなか素人ではできないアングルです。ありがとうね~!









シニア会

※ 3月8日追記アリ


白浜に旅行に行く前のお話ですが…

今年初めてのシニア会に参加しました。

今回は飼い主のみでワンコはお留守番です。




シニア会に参加して2年目突入です。

今回のテーマは「環境整備と介護」



このテーマは1年目の時にも受けましたが講師の先生が違うので

前回とは内容も変わるということで参加しました。






環境整備について…

ワンコにとって安心して過ごせる場所とは…

・安全で部屋の温度管理ができる

・家族の声が聞こえて姿が見える所






足腰に負担がかからないように階段やフローリングは滑らないように

カーペットを敷いたり工夫する。

目も悪くなるので模様替えを控える。


なるほど!勉強になります。







介護について…

自分のワンコの介護のことなんてあまり考えたくはないけれど

介護が必要になったときは病院のスタッフさんに相談しながら

一人で頑張りすぎないようにしましょうとのこと。

たしか1年目のときはオムツに慣れておきましょうってことで





普通は嫌がるそうですがシン様はすんなり着用されました(笑)






今回はシリンジを使った流動食のあげ方です。



シン様が病気になった時から常備している写真左上の「ロイカナの高栄養パウダー」

これはパウダー(粉状)なのでぬるま湯でワンコの好みの固さにできます。

今回はシリンジで吸える固さにします。缶詰のフードでもOKです。(写真右下)





シリンジに流動食を入れて、いざ、シン様に…


※音でます。






シン様はシリンジで流動食を食べるのは初めてではないので

なんの違和感もなくペロペロと食べていますが


普通はいきなりシリンジをワンコのお口に持っていくと

ビックリして拒否してしまいます。

なのでワンコのお口の横の部分からそっとシリンジを差し込み

少しずつ流動食を流し込み、美味しい物が出てくるんだということを

教えてあげるようにするといいと思います。

お水をあげるときもシリンジであげます。

介護になったときは水分補給も大事ですから。



ワンコの具合が悪くなってからいきなりシリンジを使うのはビックリして

ストレスになるので元気な時に練習して覚えてもらいましょうとのことです。





シニア会2年目だけど前年のことは忘れてるし

とても勉強になります。






※ 3月8日 追記



上の動画ではワンコが元気な時のシリンジの使い方です。

介護が必要な寝たきりのワンコや病中病後の食欲のないワンコに

シリンジで流動食をあげるときは片手でワンコの下アゴを持ち上げて

ワンコの胸(肺)より下アゴが上に来るようにしてからシリンジを

口の横から入れて流動食を流し込んでください。

ワンコの舌が動いてゴクゴクしたら流動食を食べている状態、

舌が動いてないときは飲み込めてないので口の中に残っているか

シリンジを差し込んだ反対側のほっぺから流動食が出ているかもです。





分かりずらいですがシン様でやってみました。

もっとシン様の下アゴ(お顔)を上に上げてもいいくらいです。

ワンコの胸(肺)より下アゴを持ち上げるのは誤嚥を防ぐためでもあります。

詳しくは病院のスタッフさんに聞いてくださいね。